三菱ケミカルホールディングスグループ
  • 生命科学系分子科学計算ソフトウェア
  • 材料科学系分子科学計算ソフトウェア
  • 化学工学系ソフトウェア
  • 技術計算プットフォーム
  • データ管理・解析システム

研究情報管理・活用ソリューション

研究現場に潜む問題とその解決策

 研究業務では日々膨大な量の貴重なデータや資料が蓄積されています。こういった情報の管理の仕方によっては深刻な問題が起こり得ることをご存知でしょうか。以下では、実際の現場でよく耳にする問題とその解決策について紹介します。思い当たる問題がひとつでもありましたら、今から対応を始めましょう。お気軽にお問い合わせフォーム よりご相談ください。

目次

Topic 1. 日常業務に一人年間300万円の無駄が潜んでいます。
研究業務に専念でき、大幅なコスト削減につながる方法とは?
Topic 2. 大切な成果やノウハウが失われます。
必要な情報を漏れなく残すことができ、知識や知見を喪失するリスクをなくせる方法とは?
Topic 3. ファイルの逸失や不用意な変更、さらには情報漏えいによるコンプライアンス違反をしてしまう恐れがあります。
情報喪失や漏えいのリスクを抑えられる方法とは?
Topic 4. 共有サーバーで研究情報を管理すると、フォルダーごとのアクセス権の管理に多大な労力が必要です。
利用者の作業効率が向上し、管理者の作業負荷を軽減できる方法とは?
Topic 5. 共有フォルダーでファイルを管理すると、バージョン管理に多大な労力がかかります。
古いファイルに惑わされることなく、簡単にドキュメントの管理ができる方法とは?
Topic 6. 蓄積してきた研究情報を活用しきれていません。
研究データを最大限活用でき、研究の質を高められる方法とは?

関連製品

CBIS
研究情報共有システム
CLISS
ラボ情報共有クラウドサービス
CDD VAULT
創薬研究情報
共有クラウドシステム
Dotmatics
創薬インフォマティクス
ソフトウェア
Scilligence
ライフサイエンス・ソフトウェア
E-WorkBook Suite
電子ノートブック

このページのトップへ