三菱ケミカルホールディングスグループ
  • 生命科学系分子科学計算ソフトウェア
  • 材料科学系分子科学計算ソフトウェア
  • 化学工学系ソフトウェア
  • 技術計算プットフォーム
  • データ管理・解析システム

Gaussian(量子化学計算ソフトウェア)

新着情報

Gaussian 16 最新情報  2017年1月

Gaussian社製量子化学計算ソフトウェアGaussian 16ならびにグラフィカルユーザインターフェースGaussView 6がリリースされました本リリースは、約7年ぶりのメジャーバージョンアップとなります。

Gaussian 16では、以下のような新機能や改良が行われています。

新機能
  • 時間依存密度汎関数法(TD-DFT)を用いた解析的振動計算、および当該機能を利用した遷移状態構造の最適化とIRC計算
  • EOM-CC法における構造最適化
  • 振動スペクトルの非調和項の考慮
  • 分子振動準位を考慮した電子円偏光スペクトル、共鳴ラマンスペクトルの計算
機能改善
  • GPUへの対応
  • CCSD計算時のI/O負荷軽減のために最適化されたメモリアルゴリズム
  • 構造最適化アルゴリズムGEDIISの改良
  • 大きなActive space[ >(10,10)]を用いたCASSCF計算の効率改善
加えて、GaussView 6には以下のような新機能や改良が行われました。

  • 非調和項を考慮したIR・ラマン・VCD・ROAの表示
  • SCRF計算の空隙の表示
  • 旋光分散スペクトルの表示
  • 分子振動準位を考慮した各種スペクトル、およびDuschinky行列の表示
  • 計算サマリの出力内容の拡充
  • マルチジョブの一括設定
  • GMMXアドオンツールを用いた配座探索
  • SCジョブマネージャーによるジョブキュー管理
  • 点群対称操作の機能拡充
  • 計算設定パネルの改良

概要

Gaussian 16 〜量子化学計算のデファクトスタンダード〜

静電ポテンシャル

Gaussian 16 は、多種多様な分子・化学反応を解析・設計 するための量子化学計算ソフトウェアです。最も有名で 利用者数の多い量子化学計算ソフトウェアで、分子設計・ 構造解析・化学反応解析などで多大な成果をもたらして います。 Gaussian 16は、様々な半経験的・非経験的量子化学計算 法に関する機能を有し。、簡易的から高精度な計算まで対 応しています。また、分子構造・基準振動などの基礎物性 や、NMR化学シフトや紫外・可視吸収スペクトルなどの 分子の同定や材料設計に役立つ物性値などを算出するこ とが可能です。さらに、遷移状態探索や反応座標計算など の機能が用意されていますので、化学反応の解析・評価に も威力を発揮します。

GaussView 6 〜豊富な機能と使いやすいインターフェース〜

GaussView

GaussView 6 は、Gaussian 16 のグラフィカルユーザイン ターフェースです。マウス操作や簡単なキーワード・数値 入力により、分子構造の構築から、計算設定、ジョブの投 入・管理、ならびに計算結果の可視化・解析まで行うこと ができます。
構造構築機能は、有限系から周期境界モデル(1-3次元) まで対応し、分子フラグメントや構造テンプレートを用 いて、分子構造やクラスタ構造を簡単に作成できます。ま た、結果の可視化では各種スペクトルなどのグラフ表示 や分子軌道などの等値面・等高線表示などが行え、計算結 果を容易に確認することができます。

パンフレット

現在、準備中です。

Gaussian社ホームページ

Gaussian社

Gaussian 開発元 Gaussian社ホームページ もあわせてご覧ください。


関連製品

ADF
量子化学計算ソフトウェア
Molpro
量子化学計算ソフトウェア
MOPAC
量子化学計算ソフトウェア
PQS ab initio program
量子化学計算ソフトウェア
TURBOMOLE
量子化学計算ソフトウェア

このページのトップへ