三菱ケミカルホールディングスグループ
  • 生命科学系分子科学計算ソフトウェア
  • 材料科学系分子科学計算ソフトウェア
  • 化学工学系ソフトウェア
  • 技術計算プットフォーム
  • データ管理・解析システム

MolCode ToolBox(ADME/Tox特性・薬物活性予測ツール)

概要

MolCode ToolBoxは構造活性相関(QSAR)モデルに基づき実験的に未知な化合物特性を予測するソフトウェアです。物理化学的特性、生物学的特性、ADME/Tox特性、環境パスウェイ/環境毒性、薬物活性など様々な特性を予測するモデルがあり、「薬物活性/動態予測」と「REACH特性/毒性予測」の2つのモジュールに分かれています。

MolCode ToolBoxでは、QSARモデル構築の複雑なステップをユーザが行う必要はありません。直感的でわかりやすいユーザインターフェースを用いて、簡単な操作で化合物の特性予測ができます。分子ファイルを読み込むか、エディタで編集することにより作成した新規分子について、構造最適化を行い、特性を予測し、レポートを作成することができます。

操作画面デモンストレーション

特長

  • 最新のQSARモデルによる特性予測
  • 分子力学、半経験的分子軌道法によって得られる分子構造に基づく高精度な分子記述子
  • 利用できるデータポイント数および化合物数は無制限
  • トレーニングセットの構造ファイル、実験データ、出典情報を提供
  • 分子の編集/描画/構造最適化の機能
  • 解析結果をレポート形式(HTML形式)で出力
  • 大量の分子をインポートし、高速に処理

モジュール

  • 薬物活性/動態予測モジュール
  • REACH特性/毒性予測モジュール

動作環境

Windows XP以降  Java JDK 1.6.0以降

パンフレット

MolCode社概要

MolCode社は、欧州連合(EU)において制定された化学物質の規制にREACH*)のプログラムに参加しており、多くの化合物の急性毒性、変異原性、発癌性、 眼刺激などのREACHに関連するendpointのデータが得られます。ユーザはREACH特性とそれらに関連した化合物から構築されたToolBoxを利用することができます。 REACH特性モジュールの出力(レポート)はREACH登録のための必要条件を満たします。

*) Registration, Evaluation, Authorisation and Restriction of Chemicals (REACH) 2006年12月に採択され、2007年6月から施行されたEUにおける化学物質の登録、評価、認可および制限の規則。 EUにおいて年間1トン以上の化学物質を製造あるいは輸入する場合、欧州化学物質庁(ECHA) に申請・登録が義務付けられる。登録には毒性試験などが必要であるが、確立されたQSAR手法での代用も認められる。

MolCode社Webサイト

開発元であるMolCode社のWebサイトもあわせてご覧ください。 MolCode社


関連製品

MOE
統合計算化学システム
Daylight
情報化学システム構築ツール
BioSolveIT社製SBDD&LBDDツール
創薬支援ツール
CIMPL
化合物ライブラリ解析ソフトウェア

このページのトップへ