三菱ケミカルホールディングスグループ
  • 生命科学系分子科学計算ソフトウェア
  • 材料科学系分子科学計算ソフトウェア
  • 化学工学系ソフトウェア
  • 技術計算プットフォーム
  • データ管理・解析システム

Molpro(量子化学計算ソフトウェア)

概要

効率的な電子相関の取り扱い

caffeine

Molproは、Werner教授(ドイツStuttgart大学)と Knowles教授(イギリスCardiff大学)を中心に開発され た非経験的分子軌道計算ソフトウェアで、電子相関の精 確かつ効率的な取り扱いに特長があります。Molproは、 配置間相互作用法、クラスター展開法、多配置SCF法、多配 置参照摂動法など電子相関の取り扱いに関する様々な計 算機能を搭載しています。通常これらの方法は、分子サイ ズに対する計算コストが急激に増大するため小さな分子 にのみ適用されてきましたが、Molproではintegral direct local electron correlation methods1)を採用し、 より大きな分子を取り扱うことができます。


1) M. Schutz, Mol. Phys., 96, 719 (1999).

高精度な励起状態計算

コニカルインターセクション

多配置波動関数を用いた計算手法に強みを持つMolpro は、励起状態の取り扱いに優れたソフトウェアであると いえます。精確な励起状態波動関数を計算できますので、 励起エネルギーの見積もりや状態間の円錐交差(コニカ ルインターセクション)の探索など、励起状態の研究に 適しています。

パンフレット

Molproホームページ

Molproホームページ もあわせてご覧ください。


関連製品

ADF
量子化学計算ソフトウェア
Gaussian
量子化学計算ソフトウェア
MOPAC2012
量子化学計算ソフトウェア
PQS ab initio program
量子化学計算ソフトウェア
TURBOMOLE
量子化学計算ソフトウェア

このページのトップへ